逃げ水 / 乃木坂46

Published on 2017年7月17日

楽曲紹介


乃木坂46の18thシングル曲「逃げ水」ラジオ初解禁となるThe魂が楽しみで楽しみで。めざましライブで見て良い感じだったからイヤホンでちゃんと聴きたい。フルで放送お願いします。

歌詞

乃木坂46 逃げ水 歌詞

日差しに切り取られた
市営球場から聴こえて来る
ひと夏の熱狂は
どれくらい風が吹けば醒めてくのか?

自分の声が 他人のように響くよ
客観的過ぎるのだろう
いつの日からか 僕は大人になって
走らなくなった

ミラージュ 遠くから見た時
道の向こう側に水たまりがあったんだ
近づいたらふいに消えてしまった
目指して来たのに どこへ行った? あの夢
大事なものはいつだって あやふやな存在
手を伸ばしても 何も触れられない
でもそこにあるってこと
信じるまっすぐさ 生きてく力だよ

ミラージュ 遠くから見た時
道の向こう側に水たまりがあったんだ
近づいたらふいに消えてしまった
目指して来たのに どこへ行った? あの夢

意味感想


逃げ水のサビ前、それぞれ定位置につき各々のポーズでストップするという一連の流れで、一瞬の移動タイムにわざわざ少し早足で自分の場所に向かい、そこでくるりとターンを入れてしまうまりっかは誰よりも妖精でした
月29日にWIPが後楽園に来るみたいですね。松井珠理奈さん白間美瑠さん宮脇咲良さん横山由依さん工事現場同盟豆腐プロレスメンバーと興行メンバーが参戦と宣伝していました。

(Visited 368 times, 1 visits today)