メルヒェン / Kalafina

Published on 2017年4月13日

楽曲紹介


Kalafina「into the world/メルヒェン」発売記念イベント終わった。 メルヒェン→One Light→into the world ・風が強いのでリハーサルでジャンプするHIKARU ・風が強いので毛立つHIKARU

歌詞


作曲︰梶浦由記
作詞︰梶浦由記

信じきっていた世界の形だって
君の周りを廻り出して
右の方に傾いた

この手の中に
夢も何もなくて
だけど何かここにあって
胸をジリジリ焼いた

恋しい人が
君を抱きしめてくれたら
曖昧な夢が
秩序の底を打ち抜いた

からっぽになって
僕らは箱の中
を見ていた箱の外
どこにいるのか知らない
だけだった

それは君が忘れてた
伝え話しに似ていた
沈黙を探す為に
口を閉ざせないぼくたちが
語り継ぐ
無垢な童話をぼくたちは生きていた
愛しさというノイズを
欲しがって欲しがって
胸をジリジリ焼いた

逆立てていた
気持ちを削ぎ落とした
ここにある物語は
とてもシンプルだった

狼狽えたまま
僕らは箱の外
それとも深い箱の中
最後の頁を超えて
旅立った

1オクターブ外して僕らは歌う

歓びの残像
未来もそこにあって
君とまだ笑い合って
何か儚いものが
見えた

意味感想


メルヒェンのシングルは、シングルであるにも関わらずベストアルバム感ある。 春を待つを含め、Kalafinaの魅力を伝えるにはバランスの良い内容
Kalafinaさんとても美しかったです。メルヒェンからのわんらいとかっこよすぎた。 桜も美しかったです。 そのあと親を居酒屋につれてって、いまぼーってしてる
大サビの入りの3声がとてつもなく美しい! あとメルヒェンの変拍子はもう”Kalafinaじゃないと歌えない”感がハンパないw

(Visited 5,806 times, 3 visits today)